• WEB予約
  • LINE@
  • メール問い合わせ

運動会明けのかけっこ練習!

越谷BASEかけっこ教室です。

運動会明けの日曜日。総勢13名のキッズたちが集まってくれました。

おどろいたのが、みんな走りがやたらまとまっていたこと!

なんの手品かと思いました。

運動会という本番がなにか、ひとつの心理的な作用になったのか?はたまた身体的に?

百の練習より、一の本番?(笑)

ほんとに不思議。知ってるかた、いたら教えてください。

運動会どうだった?楽しかった?
と聞くと、みんな、

「赤が勝った!」
「白で勝った」

あたしは赤、おれは白だと大盛上がり。

こどものモチベーションは
みんなで一緒に!
一致団結!

そういうのが大切なんだな。

さて、今日からまた、仕切り直しで、基礎運動じっくり。体験のお子さんも二人♪

1部は準備体操から四股、ゆらゆらジョグ、スキップ、ホッピング、ハードル。

2部では新しい四股スクワットを試しました。膝抜きを経験していた子達はさすがに上手!

力を入れる練習ではなく、抜く練習。

体が自然と動きたがる動揺を殺さず活かす。

例えば必ず行うスキップでも、
蹴ることから意識を外す。
そうすると、蹴って進むよりも、振り上げ足をしっかり使うようになります。
これは地面反力をもらう感覚、体の協調性を高めるドリルになっています。

四股は股関節のニュートラルポジション、柔軟性の向上などに有効です。

世界のトップランナー、スプリンターのフォームを観察すると多く選手が、地面を蹴る足よりも、空中の足(遊脚)のひきつけ、巻き込み、振り下ろし方が推進力を作っていることがわかります。解剖学、バイオメカニクスの観点からもそれは明らか。

見た目は大差ないですが、蹴る動きと蹴らない動きとでは、やってる方としてはえらい違いです。蹴る力感覚えるとなかなか抜けないからここは大事です。

さて、きょうははじめてハードルを使いました♪

中心軸を外しながらのドリルは2軸感覚が養われます。手始めのドリル、割りといい感じでした。


どんなトレーニングが一番運動誘導するか?継続して検証を続けます。

さて暑さも本番。夏も楽しく一時間!よろしくお願い致します!

無料体験希望の方
日程はスケジュールよりご確認ください。

松田孝司

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • BASE Cafe Blog
  • 越谷BASE公式 LINE@
  • かけっこ教室専用 LINE@