• LINE@
  • メール問い合わせ

父として、家族の一人として

娘が小学校を卒業・・・

あっという間の6年間でした。

 

寒かった入学式。2015年

 

 

晴天に恵まれた卒業式。2021年

  

 

東京都武蔵野市で10年整体院で勤務していましたが、

2017年に地元越谷で越谷baseを開業。

 

いろんなタイミングもありましたが、

一番は、こどもとの時間をつくるための地元開業でした。

 

でも地元の開業とはいえ、大人になって住み始めた町。

自身はともだち一人いない、

縁なし、コネなし、お金なしのただの在住市民。

 

恵まれた環境でぬくぬく働いてきた都内のようにはいかず、

苦戦が続きました。

いまはコロナもあり、厳しい状況はいまだ続いています。

 

開業して4年間、娘との時間思ったように作れんな〜

と嘆く日々でしたが、今思えば、

コロナによる自粛時間は、ギフトでもありました。

漫画とアニメばかりでしたが笑。

 

この6年間の一番の出来事は

家族キャンプにたくさんいけたことです。

 

小さい頃にできるだけ自然に触れて体を動かすことを

させてあげられたのはよかった。

    

 

地元で働くようになって、

家族が困った時に、妻のサポートできたり、

職場と自宅が近いことはやっぱりありがたいなあーと。

 

 

 

中学生になり、高校生になれば、

部活に勉強に友達に、

 

親との時間はグッと減っていくでしょう。

 

 

これから親として、

父として、

何ができるか。

 

ほめないとふてるし、

 

よその子をほめるともっとふてるし、

 

叱っても怒ってるようにしか伝わらないし。

 

すっかり難しい年頃で、ツンデレに振り回され、

 

すでに父としては匙投げたい気分です笑。

 

子を尊重することの難しさよ。。。

 

 

それでも、

 

親だけは私の味方だよね

 

親にだけは肯定して欲しい

 

もっとほめて

 

という

 

娘からの魂の叫びは

 

いつもいつも感じます。

 

 

どうしても諭したくなります。

 

教えたくなります。

 

イライラめちゃくちゃしますが、

 

干渉しすぎず。

 

目は離しても

 

心は離さない

 

できるかな〜汗。

 

でもやんなきゃな!

 

 

妻にはいつもいつも任せきりでした。

 

なんでも一人でやってしまうできる人。

ほんとは手伝って欲しいのにこちらから手伝おうとするまで言わない人。

意見聞いてくる割に反論多い人。

こうあって欲しいということを押し付ける人。

めんどくさい人です笑。

 

でも一番、

信頼できて、

一番娘を愛していて、

一番家族のことを考えていて、

妻として親として一所懸命もがき苦しんで

頑張っている真面目で一所懸命な人です。

 

いいかげんで楽観的なぼくにはありがたい存在。

 

ぼちぼちこどもなしで、

めちゃ辛いものとか、スパイス効いたアジアン料理とか

夫婦で楽しめるようになりそうです。

 

子は妻に任せ、

妻を幸せにすることが一番の役割かなと思ったりしてます。

 

そうすると

あたしに押し付けて〜と不満が出そうだ笑。

 

正解のない子育て。

家族の在り方。

 

いろんなことがこれからもあると思うけど、

 

三人きりの家族です。

三人四脚でずっといられたら幸せです。

 

 

 

 

 

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930